相続相談のプロとは

相続相談が必要とわかっても、初めて問題に直面するともなれば、一体誰に相談すべきなのか悩んでしまうことでしょう。ですが、ご安心ください。世の中には相続相談のプロとして活躍する有資格者や識者が複数存在します。頼れるプロフェッショナルを選んで、大事な問題を任せてみてはいかがでしょう。

たとえば、税理士です。相続には相続税や贈与税などの税金問題がつきものです。その点、税のプロフェッショナルである税理士には信頼感が感じられます。またそうした理由から、相続相談をメインサービスとして打ち出している税理士も少なくなく、税問題のみならず、全体におけるアドバイスを仰ぐことができます。

次に、弁護士です。前項でも紹介している通り、相続問題は場合によって裁判にも発展しかねません。その際、手続きを任せられるのは弁護士に他なりません。頼れるどころか、正式な代理人になれるのは弁護士以外にいないのが実際のところです。

不動産の名義変更が伴うなら、司法書士が力になってくれます。登記問題のプロフェッショナルであるため、こちらもまた頼れる相談相手になってくれることでしょう。

このように、問題それぞれに特化したプロがいます。ピンポイントに頼るのも良し、また総合的な相続相談をして、状況に応じて他のプロへも依頼するも良しです。